末っ子でお古ばかりを着せられていた子供時代

私の子供時代を振り返ると、着ていた服のほとんどがお古でした。
家の中では末っ子、親戚の中でも下のほうなのでお古には恵まれていたといえます。そのことに不満はなかったです。不満がないというよりは着るものについてあまり好みがなかったです。
一度だけ、色が好きではないとごねたことがありますが周りの大人(親、保育園の先生)には全然聞き入れてもらえませんでした。なので泣く泣くその大嫌いな色の服を着ていました。この経験から、私は着るものにあまりこだわらなくなってしまったのかもしれません(泣)
最近、たまたま見かけた子供服のお店に立ち寄ったら、そこに飾られている洋服がとてもおしゃれでかわいいものばかりで、もし私に子供がいたら着せたいと思う服がたくさんありました。そしてもし子供のころの私が、こういう服を着ることができていたら・・と想像してしまいました。ファッションセンスが養われたと思うのですが・・。
子供服が気になって、ネットショップもチェックしてしまうこのごろです。GAPを一時期愛用していたので、やはり子供服もGAPかなぁなどと思っています。
ホットビスケッツ